クレジットカードオタクの紹介所

日本人は現金主義

クレジットカードオタクの紹介所

 

この世には、すばらしいクレジットカードがたくさんあります。そんなクレジットカードのすばらしさをみんなに知って欲しいのですが、昨今、クレジットカード離れが深刻になってきていると言います。しかしそれは、世界的なものではなく、ここ日本国内での話なのです。なぜだか日本人はあまりクレジットカードを持ちたがらない傾向があり、それが最近になって更に加速してきているのです。日本人は現金主義なのです。

 

私はそんなとき「もったいなあ」とつくづく感じるのです。しかしもったいないだけではありません。クレジットカードを持たないことによって発生するデメリットはたくさんあります。そんな現金主義の方にクレジットカードの魅力とオススメのクレジットカードを紹介します。

 

現金主義の方だからこそオススメしたいクレジットカード!その魅力とは?

今の世の中は、クレジットカードが必須の社会になりつつあります。理由は、当然、大きなメリットがあるからです。しかし、それでもなお現金主義を貫く方も多くいらっしゃいます。これも1つの選択肢のため何ら問題はありませんが、現金主義の方は「損」をしていると言わざるを得ません。何故か?を以下より説明していきたいと思います。

 

 

実は大きな損をしている現金主義

真っ先に思いつくのが「大きな損をしている」ということ。クレジットカードには、さまざまなサービスが提供されているため、現金主義では得ることができません。以下に紹介する2つは、あくまで代表的なもの。他にも多くの特典があるため、本当に損をしているということが実感していただけるかと思います。

 

貯められるポイントが「0」

昨今、クレジットカードを所持する理由の1つに、ポイントプログラムが挙げられます。クレジットカード100円の利用で1ポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント1円で利用できる。このようなサービスを利用することができるわけです。例えば、10,000円の支払いを行った場合は、間接的に100円の値引きを得ることができるというわけですね。

 

現金を盗まれたら「補償なし」

現金主義の方の主張に、クレジットカードの不正利用が怖いと挙げる方がいらっしゃいます。ごもっともなのですが、昨今では不正利用に対する付帯保険(無料で利用できるサービスの保険)が充実しています。多くのカード会社は「全額補償」を謳っているため、カードを盗まれたりして不正利用されても「損」はありません。現金の場合は、盗まれたら全額補償がされるわけではないため、こちらも損をしていると言えるでしょう。

 

 

ネットショッピングが面倒でしょうがない

クレジットカードの魅力として、ネットショッピングで大活躍してくれることが挙げられます。ネット上でカード決済を行えば、それで支払いは完了。現金の場合は、銀行振込や代引きで対応しなければいけません。面倒ですし手数料も場合によっては必要となってしまいます。

 

「時は金なり」。このような面倒な作業で時間を取られてしまうのも、やはりもったいない話ですよね。

 

 

クレジットヒストリーが無いというデメリット

現金主義ですと、意外と大きなデメリットになるのが、このクレジットヒストリーがないということ。クレジットヒストリーとは、クレジットカードを利用した履歴のことを指します。そして、これは信用情報機関と呼ばれるところで管理されています。

 

現金主義の方は「だからなに?」と感じるかもしれません。この情報は、住宅ローンや自動車ローンを組むときに参照される情報であり、ヒストリーがないまっさらな状態だと「信用に値する人物が分からないため審査はNGとしよう」となってしまうわけです。要は、クレジットヒストリーとは、しっかりとお金の管理ができている人物か?をチェックするためのものと思ってもらって構いません。そこに情報が無いわけですから、大きな金額を融資するのは怖いですよね。

 

したがって、現金主義の方のように、この情報がないというのは「意外と大きなデメリット」になるのです。