MAU

未分類

京都と吃音治療

京都は関西圏なので周りの人はみんな流ちょうにお話ししてます。知らない人でも話しかけて、言葉を交わす為おしゃべりが多いんです。そんな京都に住んでいながら話すのが苦手な僕はその輪の中には入れません。

なので輪から離れて見守るだけです。一人でできる趣味が増えるのもそんな性格からですかね。聖地巡礼は一人でも十分に楽しめるし、こうやってブログとかSNSを使えば言葉を話すのが苦手でも共有ができてました。

例えばるろ剣の映画の中に京都ロケした聖地があるのでそこに向かったり、有頂天家族に大文字山が出てきた時は見に来る人がたくさんいました。清水寺付近は暗殺教室で出てきたかなと思います。

こうやってブログで好きな物を書けるからいいかなって思ってたけど、最近やっぱり人と話すのはダイレクトに意見が返ってくるから楽しいんだろうなって思って、親に相談して吃音治療を受ける事にしました。でも今までちゃんとした治療を受けたことがあったわりには治療してくれる病院には詳しくなく、母親もうろ覚えになっちゃってるようなので「吃音治療 京都」で検索をしたらこんなサイトが出てきました。

病院で治療を受けるのが一番って思ってましたけど、このサイトは動画でトレーニングができるって書いてます。わざわざ通わなくても密かにトレーニングできるのはいいですね。親に頼んで買ってもらって今少しずつ治療してます。

少しでもよくなればいいなと思いますね。

Be the First to comment. Read More
未分類

少し僕の障害の話

例えば買い物をする時、商品の置いてある場所がわからなくて店員さんに聞こうとしてもうまく言葉でが出なくて結局聞けない。

なので自分がいつも行ってて店内の商品の置き場所を自分で把握してる場所でしか買いません。イオンモールKYOTOとか京都ヨドバシとかわりとメジャーな場所しか行かない。

こういう所だったらフロアガイドがあるし、京都でもそうじゃなくても有名なので安心できます。

例えば道がわからない時、人に道を聞こうにも説明ができないし相手が「何こいつ」って顔をして去っていってしまうので結局道を聞けないで終わる。

検索キーワードを入力して出てきた結果を頼りに行くしかないので普通の倍の時間はかかりやすいです。しゃべった言葉を認識してくれる機能は正直使えないです。

なので、わからなそうな場所にはあまり自分から行こうとはしません。ただ、こうやってブログに書いて伝える事はできるので助かってる部分はあります。

完治させたい、克服したいって思うことはあります。一例ですが、普通にしゃべるのは難しいけど、リズムにノッて話せばしゃべれるって人もいます。リズム法って言います。

少しリズムに乗せて話せば話せるからそれを続けることでしゃべれるようにする方法です。例えば歌を歌うって事ですね。歌えば他の人となんら変わらず言葉がスムーズに出せるって人もいるみたいなのでとにかく歌わせるんだそうです。

そのままのリズムでお話しするとびっくりするくらい明瞭にしゃべれたりもします。

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」ってマンガが吃音(どもり)をテーマにした作品。共感できるところがあって僕はめっちゃ好き。

Be the First to comment. Read More
diary

京都はオカルトの聖地

パソコンとにらめっこな生活も当たり前になってきて、普段人と話すということがありません。

楽と言えば楽なのですが、息がつまることだってあります。
人と話すのが嫌いとかではないので、話しながら刺激を受ける生活を送りたいと思っていますね。

初対面だと緊張してしまい、どうしても言葉が詰まってしまうんです。
意識しすぎるとなかなか声が出せずに、とぎれとぎれの声になってしまうんですよね。
これが吃音症というものなんですけど、自分の精神面が弱いせいなんです。

嵐山に肝試しでも行けば、少しは精神を強くできるだろうか。

嵐山は地元京都の人はあまり行きたくない場所で、昔の人の怨念があるのです。

平城京から平安京に遷都する間に、長岡京という都に遷都されていて、そこで起きた暗殺事件がきっかけで、早良親王という人が捕らえられてしまったのです。

早良親王は無実を訴え続け、一切の食事を口にせず、餓死してしまったそうです。それ以来、その人の怨念が災いを寄せ付け、昔の人は結界を張ったそうです。

その結界の外側に、嵐山があることから、魔界とされていて、嵐山はあまりよくないところなのだそうです。

肝試しをすればなんて言ってますが、正直怖いのは苦手です。

心霊スポットも京都にはありますが、絶対行ってはいけません。

遊び半分で行くと、本当に呪われてしまいますからね。

吃音の話をしようと思いましたが、また話がずれてしまいましたね。また今度話します。

Be the First to comment. Read More
diary

京都はアニメ聖地の宝庫

京都はよくアニメなんかでも舞台になるところで、手軽に聖地探索ができるところでもありますね。

聖地っていうのは、オタク界ではアニメの舞台になったところという意味です。

アニメキャラが実際に訪れた場所に行って、一緒の気分を味わったり、同じものを買ったりして、アニメの世界観に浸りに行くことを、聖地巡礼なんて言ったりします。

僕もたまに聖地巡礼をしに行って、自分のWEBサイトにその様子の写真や記事を書いたりしています。
京都にはあまりにも聖地が多すぎて、舞台となったアニメも数えきれないくらいありますね。

名探偵コナンの映画も、京都が舞台の映画がありますよね。

梅小路公園というところで犯人と戦ったんですけど、京都駅からすぐの場所で、大きな公園なんです。
家族連れが多く、憩いの場として利用されているので、休日はお弁当を食べている人が多い公園なんです。

よくこの公園には僕も一人で散歩をしに来たり、行き詰った時に気分転換しに来る場所です。

あまりにぎやかな場所が好きではない僕にとって、落ち着いていい場所だと思っています。

新緑の時期なので、景色が色づいて見え、晴れの日に来ると広大な草原や庭園が青空に映えて綺麗です。

ここはお気に入りの場所なので、京都に来たら一休みするのにいいかもしれませんね。

有名なアニメを選出して聖地をご紹介しましたが、ほかのアニメや場所もたくさんあるのですが、あんまりマニアックなアニメだと認知されないと思って。(笑)
今日のところは有名なアニメだけご紹介しました~。(^^)/

Be the First to comment. Read More
diary

京都在住のマサです。

こんにちは。京都市に住んでいるマサです。このブログでは、僕が住む京都市の紹介や、好きな漫画、アニメ等の情報、そして長年僕が苦しんでいる吃音についても書いていこうと思います。

まずは自己紹介をすると、現在26歳の独身男です。仕事はフリーのWEBデザイナーをやっています。こういうとちょっとカッコ良さそうですが、単純に人と話さなくてすむ仕事がしたくてこの仕事をやっています。

もちろん仕事は好きですよ。昔からネットやパソコンをいじるのは好きでしたし、お客さんのイメージを形にして喜んでもらえると嬉しいです。

ただ人と話すのが苦手で、メールやチャットのやり取りで完結できる事が、この仕事を選んだ大きな理由になってます。ちょっと暗くなっちゃいましたかね、話題を変えましょう。

皆さんは京都と聞くとどんなイメージがありますか?寺院、舞妓さん、という声が断然多いと思いますが、京都は美味しい食事を食べられるお店もたくさんありますよ。

僕は、自称食通なんで、おいしいお店を探すのがひとつの趣味になってるくらいです。おすすめしたいお店はいろいろありますが、 「蕎麦の実 よしむら」は、京都へ来たら一度行ってみる価値ありです。

地元でも非常に有名なお店で人気店のひとつなんですが、観光に来られた外国人の方にもかなり人気になっていますからね。僕の一押しは、そばではなく、京ダシを使った「だし巻き卵」。マジでたまりません。

こんなこと書いてたら食べたくなってきた(笑)長くなりそうなので、今日のところは、この辺で!読んでくれてありがとうございました。

Be the First to comment. Read More